人と社会の健康づくりを目指した総合的なまちづくり
美しく生きる。健康寿命延伸都市松本

世界健康首都会議

世界健康首都会議とは

世界健康首都会議とは、松本市が進める「健康寿命延伸都市・松本」の創造をめざして、産学官が連携し、健康関連産業が支える持続可能なまちづくりについて考えるとともに、健康について学び、世界に向けて情報を発信する会議です。
平成23年12月9日に、第1回世界健康首都会議を開催。以降、毎年1回開催しています。
申込不要、入場無料、日英同時通訳もありますので、どなたでもお越しください。

第9回世界健康首都会議

日時:2019年10月16日(水)、17日(木)
会場:松本市中央公民館(Mウイング) 松本市中央1丁目18番1号
テーマ:「食」と「運動」~健やかに みんなで つながる~
主催:世界健康首都会議実行委員会、(一財)自治総合センター
世界健康首都会議実行委員会委員名簿はこちら
パンフレットは完成次第、当ホームページにて公開します。今しばらくお待ちください。

10月16日(水)

基調講演(6階ホール)

  • スポーツ庁長官 鈴木大地 氏

    基調講演1
    「スポーツが変える。未来を創る。」

    スポーツ庁長官 鈴木大地 氏

  • カナダ ブリティッシュコロンビア州 サーニッチ地区議会議員 ジュディ・ブラウノフ 氏

    基調講演2
    「アクティブ-シェア-コネクト ~高齢者の社会的孤立を防ぐ取組み~」

    カナダ ブリティッシュコロンビア州 サーニッチ地区議会議員 ジュディ・ブラウノフ 氏

  • モスクワ国際関係大学 教授、東洋学科長 ドミトリー・ストレリツォフ 氏

    基調講演3
    「ロシアの政治・社会状況と日露関係」

    モスクワ国際関係大学 教授、東洋学科長 ドミトリー・ストレリツォフ 氏

    ロシア科学アカデミー経済研究所 社会分野経済理論センター長 タチヤナ・チュバーロワ 氏

    「ロシアの健康増進政策 ~理論から実践へ~」
    ロシア科学アカデミー経済研究所 社会分野経済理論センター長 タチヤナ・チュバーロワ 氏

10月17日(木)

・事例発表(6階ホール)
健康づくり、健康産業、健康経営に関する取組事例を発表します。

・パネルディスカッション(6階ホール)
テーマ「食」と「運動」~健やかに みんなで つながる~
統括コーディネーター 株式会社三菱総合研究所 理事長 小宮山 宏 氏

・健康弁当販売(Mウイング北棟8階 中央体育館)
「健康」をテーマとしたお弁当を製造・販売します。 ※17日(木)のみ。売り切れ次第終了

10月16日(水)・17日(木)両日

・セミナー(3階・4階・5階)
各種団体・企業によるさまざまな健康セミナーや料理教室等を開催します。今年は過去最多、16のセミナーを予定しています。

・ブース展示(Mウイング北棟8階 中央体育館)
今年は50を超える企業・団体が出展予定!
「健康」「食」「運動」「ものづくり」などに関するさまざまな企業・団体が、製品やサービスを展示・販売します。事例発表やセミナーの関連展示も充実。見て、触って、体験してください!

これまでの世界健康首都会議

  • 第8回平成30年11月8日(木)・9日(金)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1「遊び心とテクノロジーで 人生はもっと幸せになる」
    “Bringing Happiness to Life with Playful Technology”
    デンマーク工科大学プレイウェアセンター創設者兼センター長
    ヘンリック・ハウトップ・ルンド教授
    基調講演2「ヘルシー・ライフスタイル ~生活習慣を変える イギリスの取組み」
    “Healthy Lifestyles- how can we help change attitudes and behaviour? Some examples from England”
    英国政府 次席医務官 ジーナ・ラドフォード教授

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。

    第8回世界健康首都会議実施報告書
    The Report of 8th World Health Capital Conference

  • 第7回平成29年11月16日(木)・17日(金)
    パンフレット

    海外基調講演「市民共創の健康国家へ-オランダ王国の挑戦-」
    基調講演1「オランダにおけるパーソナル ヘルス レコードによる健康維持の取り組みと健康増進-政策の視点から-」
    オランダ王国 保健・福祉・スポーツ省 エルウィン・エイシンガー氏
    基調講演2「オランダにおけるパーソナル ヘルス レコードの効果-市民と患者の視点から-」
    オランダ患者連盟 マルゴ・ブランツ氏

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 第6回平成28年11月10日(木)・11日(金)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1「健康を大切にする特別なまち ドイツ・フライブルクから~福祉と健康政策その確かな歩み~」
    ドイツフライブルク市前第一副市長 ハンスヨルグ・ゼー氏
    基調講演2「高雄市の老人福利政策及び未来への展望」
    台湾高雄市政府社会局老人福利科科長 ヨウ・イクレイ氏
    高雄市老人研究発展中心長教授代表 チン・ケイビン氏

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 第5回平成27年11月5日(木)・6日(金)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1「エイジ・フレンドリーな世の中を目指す革新:WHOの新たな取り組み」
    “Promoting innovation for age-friendly environments: the new WHO Framework”
    WHO健康開発総合研究センター WHO神戸センター所長 アレックス・ロス氏
    基調講演2「福祉現場への技術導入の鍵」
    “What is the key for technology to be accepted in health and elderly care”
    ロボットダーレン ヘルスロボテクスマネージャ アダム・ハグマン氏

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 第4回平成26年11月18日(火)・19日(水)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1「ソーシャルキャピタルを活かした健康づくり」
    ハーバード大学公衆衛生大学院教授 イチロー・カワチ氏
    基調講演2「ノルディックウオーキングはなぜ普及したか」
    フィンランドアウトドア協会 名誉総裁 トゥオモ・ヤントゥネン氏

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 第3回平成25年11月25日(月)・26日(火)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1「大学発ベンチャー:スイス・アイマゴの挑戦」
    アイマゴ社社長兼CEO ミヒャエル・フリードリッヒ氏
    基調講演2「高齢化社会におけるドイツの公的ヘルスケア」
    フライブルグ・カイダル・ミネラル・サーマル・スパ代表取締役 ヘルベルト・レン氏

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 第2回平成24年11月12日(月)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1「Implementation of robotics in Swedish Health Care environment」
    ロボットダーレン ヘルスロボテクスマネージャ アダム・ハグマン氏
    基調講演2「これからの医療事情と医療機器ビジネス」
    聖路加国際病院 周術期センター長/聖路加看護大学大学院特任教授 宮坂勝之氏

    会場:ホテルブエナビスタ
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 第1回平成23年12月9日(金)
    パンフレット

    海外基調講演
    基調講演1”A Swedish perspective on sustainable growth and healthy life in the Sustainable Healthy City of Matsumoto on 9 December 2011”
    スウェーデン王国前駐日大使(東京大学総長室顧問)ステファン・ノレーン氏
    基調講演2「ドイツと日本の高齢社会と幸福論」
    ドイツ日本研究所所長 フロリアン・クルマス氏
    基調講演3「信州・松本の地で考える健康寿命」
    信濃毎日新聞編集委員 飯島裕一氏

    会場:松本市中央公民館(Mウイング)
    詳細はこちらをご覧ください。