人と社会の健康づくりを目指した総合的なまちづくり
美しく生きる。健康寿命延伸都市松本
実例紹介

一般財団法人松本市勤労者共済会平成28年度

一般財団法人松本市勤労者共済会共済会だより平成28年7・8月号掲載

勤労者共済会において、フィットネスクラブでの健康増進プログラムを実施し、中小企業の健康経営のツールとして活用を図った。

場所:SAM松本、SAM石芝、ルネサンス松本、セントラルスポーツ松本店
期間:平成28年9月~12月(募集7月~)
参加費:12,000円/1人
うち共済会会員負担 6,000円
勤労者共済会負担 3,000円
フィットネスクラブ割引 3,000円
※1回あたり500円で利用できるような価格設定をして、中小企業の従業員の参加を促進

実績

延べ参加人数:59人(うち、男性19名、女性40名)

  • フィットネスクラブの正会員となる参加者も見られたが、申込率を高めるための工夫が必要との課題が確認された。
  • また、継続実施率の高い参加者にはシェイプアップ効果も見られたため、楽しみやインセンティブ等、今後は利用者が参加し続ける動機付けも検討する必要があることを確認した。

今後の展開

本年度は共済会の事業として80名定員で継続実施の予定。

事業費

144,000円