人と社会の健康づくりを目指した総合的なまちづくり
美しく生きる。健康寿命延伸都市松本
実例紹介

松本信用金庫平成25年度

松本信用金庫健診受診確認用パスポート(契約時に配布)
金融商品による検診受診率向上や健康意識高揚に係る実証実験

商品名:「健康寿命延伸 特別金利定期積金」
利率:0.2%(通常0.03%)
発売期間:平成25年9月~
契約期間:3年間
販売エリア:松本信金 全28店舗(松本市、安曇野市、塩尻市他)

これまでの経緯

H25.2 松本市と企業連携協定調印式を実施。
H25.5 協定を活かした、健康に寄与する金融商品開発のため、松本地域健康産業推進協議会分科会で検討(計7回)
H25.9 発売開始
H25.11 第3回世界健康首都会議に出展
H25.12 健康情報誌 第1号発行
H26.1 契約者アンケート実施

預金者へのインセンティブ

  • 年度ごと(通算3回)に、健康診断の受診を確認後、ラーラ松本プールの利用券を発行
  • 3年連続受診した預金者に、ディズニーリゾート利用券等の懸賞を用意

預金者へ情報提供

  • 信金行員(一部郵送)から、自治体が行う健康診断の日程等の情報を、預金者の状況に応じて送付し、受診を促進する

検証項目

  • 申込時点での検診の認知度や受診意向と、情報提供後の認知度、受診の有無
  • ラーラ松本利用券の使用状況
  • 金融商品としての顧客満足度

実績

  • 契約者数:1,437人
  • 契約額:約10億円(平成26年2月末現在)

事業費

879,000円(広告宣伝費、ラーラ利用助成、モニター調査費等)